なぜ統一教会だけ? 岸田首相による統一教会解散報道=共産主義隠し組織的クーデター #拉致監禁 被害者4300人

🇯🇵'64世界基督教統一神霊教会 '68「国際勝共連合」'15「後藤徹氏」最高裁勝訴(拉致監禁12年5ヶ月) 2022鈴木エイト名誉毀損裁判 全国弁連提訴⇔🟥岸田首相による共産主義隠しの組織的クーデター '52日本共産党 公安監視団体 '87拉致監禁事件4,300人 全国弁連 '94レフチェンコ事件裁判社会党敗訴 '21旧統一教会関係断絶 '22被害弁連 解散請求 共産党と左翼による犠牲死者推定1万人 戦後最悪「信教の自由と人権」弾圧

窪田順生氏潜入 旧統一教会 「解散命令請求」 取材NG最深部の全貌

窪田順生(くぼたまさき)氏
潜入 旧統一教会 「解散命令請求」 取材NG最深部の全貌

 

内容説明

カルト教団」として 解散命令請求された旧統一教会

その正体の語り部はジャーナリスト、弁護士、「被害」を訴える元信者だった。

本書では、取材NGとされた教団の 内部 に足を踏み入れて施設、信者、教団系企業、キーマン、政治団体の決起集会に 潜入 。

この目で見て、耳で聞いた「カルト」の実像をルポ!

 

第1章「マザームーン」の暮らす宮殿

韓総裁からの信頼も厚い幹部職員が「聖地」を案内

K‐POPのコンサートも行う「清心平和ワールドセンター」

大理石を上ると、「マザームーン」の居住スペース

 

第2章 教団聖地の最深層

ジャーナリストらが霊感商法と批判する「先祖解怨」の爆心地

清平は「堕落した人類」を生まれ変わらせる場所

35年前のバッシング時に小学5年生だった「祝福2世」の感想

平和活動の記念館「天寶苑」にメディア初潜入

 

第3章 韓鶴子が「オーナー」のホテル&リゾート

豪華施設と海外進出の資金源は「日本」?

従業員にとって韓氏は「教祖」ではなく「オーナー」にすぎない

 

第4章 合同結婚式で渡韓した「日本人妻」たち

日本人女性を待っていた「結婚したくて入信した韓国人男性」

日本人女性信者が明かす「マインドコントロール」の正体

「ねえ、お父さんってもしかしたら統一教会に騙されているんじゃない?」

 

第5章 政界と教団を結ぶキーマンが語る「洗脳」と「選挙」

富山で選挙3連勝の「政界の旧統一教会フィクサー

多くの宗教団体が自民党を支えていたのに、なぜ「旧統一教会」ばかりが注目?

相手の都合などおかまいなしにリンチするTBS「報道特集」の金平キャスター

 

第6章 現役信者にとっての「山上問題」

「私たちの親には子どもを犠牲にしてもやらなくてはいけないことがあった」

「山上徹也被告の気持ちはわかる」という2世信者たち

「収入の3分の1」を献金する敬虔な信者は教団内でも珍しい

 

第7章 教団トップ・田中会長を直撃

韓鶴子総裁が幹部を「現場」に戻した「狙い」

物々しい雰囲気が漂う「教団本部」で会長にインタビュー

教団トップの素顔

献金ルール」を徹底しているか教会に「査察」も入れる

「2世を会長にしたい、私は今でもそう思ってる」

田中会長が語る「岸田を呼んで教育しろ」発言の真意

もっと早く名前が変わっていたら事件は起こらなかった

 

終章──勝共連合の正体

 

著者について

窪田順生

テレビ情報番組制作、週刊誌記者、新聞記者、月刊誌編集者を経てノンフィクションライターとして活動中。 主な著書は、日本の政治や企業の広報戦略をテーマにした『スピンドクター "モミ消しのプロ"が駆使する「情報操作」の技術』(講談社α文庫)や、 マスコミの偏向報道と世論操作をテーマにした『「愛国」という名の亡国論」「日本人すごい」が日本をダメにする』(さくら舎)など。 『14階段――検証 新潟少女9年2カ月監禁事件』(小学館)で第12 回小学館ノンフィクション大賞優秀賞を受賞。 現在、ネットメディアで以下のようなコラムを連載中のほか、YouTubeチャンネルも開設。 旧統一教会関連の政治団体国際勝共連合」の内部に潜入をしたドキュメンタリー「反日と愛国」を公開している。 ・情報戦の裏側(ダイヤモンド・オンライン)      毎週木曜更新 ・スピン経済の歩き方(ITmedia ビジネスオンライン) 毎週火曜更新 ・ここがヘンだよニッポン企業(All About ニュース)  不定期 ・地下メンタリー https://www.youtube.com/@chika_mentary