はてなブログ-「勝訴」判決まとめ家庭連合信者拉致監禁裁判 #信教の自由と人権を訴えよう #ReligiousFreedom

🇯🇵'68 国際勝共連合 '15 後藤徹氏 最高裁勝訴(拉致監禁12年5ヶ月) '22鈴木エイト名誉毀損裁判 全国弁連提訴⇔ '52日本共産党 破壊活動防止法適用 公安監視団体 '87共産党系弁護士 全国弁連設立 '94レフチェンコ事件裁判社会党敗訴 '21岸田文雄自民党総裁 関係断絶発言 '22解散命令請求 共産党と左翼による犠牲死者推定1万人

共産主義に対抗する5つの戦略



共産主義化、全体主義化が加速する中、懸念される状況を解決するために、以下の戦略が考えられる。

 

1. 情報戦の強化:

言論発信を強化し、メディアとの連携を深めることで、真実を広め、プロパガンダに対抗する。
教団内での諜報活動やスパイ対策を徹底し、情報の信頼性を高める。


2. 人財強化と教育:

共産主義の歴史と手段に関する教育を推進し、問題意識を高める。
非道な手段に対する懲罰制度を整備し、法の下での正義を確立すり。


3. 司法の強化と対策:

弁護団を強化し、組織内のスパイや諜報対策を徹底する。
セキュリティの向上を通じて、法を守りつつ信者の権利を保護する。


4. 共産主義への対策宣言:

過去の誤解や誤りに対する信者への信頼回復を図り、神仏を尊ぶ日本国民や団体の応援を呼びかけます。


5. 国際的な連携強化:

他国の共産主義の過去・現状を知り、国際的な連携を強化して、共通の問題に立ち向かう。


これらの戦略を通じて、国家の安寧秩序を乱す共産主義の弊害に対抗し、社会の安定と信者の権利を守るのが急務だ。