はてなブログ-「勝訴」判決まとめ家庭連合信者拉致監禁裁判 #信教の自由と人権を訴えよう #ReligiousFreedom

🇯🇵'68 国際勝共連合 '15 後藤徹氏 最高裁勝訴(拉致監禁12年5ヶ月) '22鈴木エイト名誉毀損裁判 全国弁連提訴⇔ '52日本共産党 破壊活動防止法適用 公安監視団体 '87共産党系弁護士 全国弁連設立 '94レフチェンコ事件裁判社会党敗訴 '21岸田文雄自民党総裁 関係断絶発言 '22解散命令請求 共産党と左翼による犠牲死者推定1万人

日本における共産主義プロパガンダの恐ろしさ

霊界商法問題は共産主義犯罪グループによる違法誘拐拉致監禁事件 被害者4300人


日本における共産主義プロパガンダは、

情報操作が行われている

また、反スパイ法や諜報活動を通じて、現体制の崩壊を狙ってる。

これらの日本国民への深刻な人権侵害、信教の自由や宗教弾圧など、神仏を尊ぶ文化をを破壊するこれらの問題は社会的な安定や人々の自由を脅かすものであり注意が必要だ。

結果として、日本共産党は数々の殺人事件を起こした公安監視団体だ。

日本共産党と左翼により犠牲になった死者数: 推定1万人

特定の旧統一教会だけを狙い日本国民を4300人拉致監禁、中にはレイプ事件、自殺も起きた。

その後も、精神的後遺症や共産主義メディアの名誉棄損により、教団、信者は社会的信用を失墜、中には社会的に抹殺され、今も苦しみ続けている。

共産主義プロパガンダ5つの常套手段

 

1.虚偽の流布による情報操作

 

ジャーナリストやメディアを通して、虚偽の情報を広める。それによって人々の考え方や意見を操作。虚偽の情報は人々に誤った認識を与え、社会全体に混乱や不信感を引き起こす。

 

2.名誉棄損と誹謗中傷


共産主義プロパガンダの一環として、特定の宗教団体を攻撃するために名誉棄損や誹謗中傷

が行われる。これによって、被害者の評判や信用が損なわれるだけでなく、社会的な不和や偏見を助長する。

 

3.政治的な利用と煽り立て


共産主義プロパガンダは、特定の政治的な目的や利益を追求するために使用される。これによって政治的な対立や分断が生まれ、社会に不安定要素が広がる。

 

4.独裁的なメッセージの浸透

共産主義プロパガンダは、独裁的なイデオロギーやメッセージを浸透させる。これによって、個人の信教の自由や人権が制限され、宗教弾圧など、民主的な社会の価値が脅かされる。

 

5.真実の歪曲と情報操作

共産主義プロパガンダは、真実を歪曲することで特定のメッセージを伝える。メディアの情報操作によって、事実が歪められる。それによって人々の意見や行動が左右される。これは社会全体の信頼性と公正性に悪影響を与える。